2008年12月10日

209系ウラ30、東大宮へ

本日、京浜東北線の209系ウラ30編成が浦和電車区から東大宮操へ疎開回送されました。

後日、長野総合車両センターへ配給されるものと思われます。

回9993Mのウラ30、大崎にて
大崎停車中のウラ30


回9993Mのウラ30、大崎に停車中
大崎6番線にて

ウラ30とハエ9、大崎にて
埼京線の205系ハエ9編成と並ぶ

クハ208-31、可搬式ATS-Sn車上子
クハ208-31の可搬式ATS-Sn車上子


最後に10両全車。

クハ209-31

サハ209-117

モハ209-61

モハ208-61

サハ208-43

サハ209-119

サハ209-120

モハ209-62

モハ208-62

クハ208-31


また1本離脱しましたねぇ。
本当に1週間に1本のペースですよ〜^^;

当初の廃車計画が一転、房総地区への起用が噂される209系0番台。最近では、長野総合車両センターへ回送された後に6両や4両に組み替えられて、再びJR東日本管内各地への疎開されるという動きがあります。今後もなにかと話題を振りまいてくれそうですね。

まぁ、さすがに6ドアは使い道ないんでしょうけどw

posted by Mr.加瀬 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。